みょうちゃんの実験日記

話題の商品を試してみる、よろずブログです。

車用日焼け止めシートを使って上手に美白を目指す!【カーフィルム】

こんばんは。みょうばんです。


8月後半だというのに暑すぎる気温が続いていますね💦


紫外線の強さも容赦ありません。


日光疹持ちの筆者、少しでも日に当たらないようにしたいのですが、どうしても通勤中の車の運転で焼けてしまいます。


ということで、これを買ってみました。

f:id:myo-ban:20200826223744j:plain:w300

車用UVカットシートです✨


色々調べましたが、多分最安レベルかと。


具体的に、どんなものか解説しますね✨




【法定で決まっている透過率】


実は、どこまで窓を暗くして良いか、法定で決まってることをご存知でしょうか?


特にフロントガラス、運転席・助手席の側面ガラスはかなりシビアに定められています。


ポイントは可視光線透過率が70%以上であること!


違反になると大変なので、下回らないよう注意しましょう。


元々UVカットのガラスの上からシートを貼る場合は要注意です!



【実際に貼ってみる】


説明通り貼ってみましたが、めちゃくちゃ難しい!!!


どう頑張っても指紋とか、細かいゴミとかが入ってしまいました😢
(筆者が不器用なだけかも)


あと、気泡でつぶつぶだらけになります。
苦手な方は注意!

後で知りましたが、霧吹きで水をかけて、ヘラで押し出しながら貼ると良いみたいです。
f:id:myo-ban:20200826231351j:plain:w300
f:id:myo-ban:20200826231719j:plain:w300


安い分、上記のデメリットは妥協することにしました。


見た目、暗くなったか分からないくらいの色ですが、無いよりはマシな気がします。


書いてあることが本当ならば、紫外線を90%以上もカットできるそうなので、安心できます。








【自分で貼る以外の方法は?】


今回紹介した方法以外で窓からの紫外線を防ぐ方法、筆者が思いつく限り2つあります。

・最初からUVカット仕様のガラスの車を買う


元々UVカット仕様ならば安心ですよね。


何より見た目も綺麗ですし、剥がれる心配もありません。


グレードの高い車は標準搭載が多いのですが、多くはオプションになります。(特に両サイド)


何万もするのでお財布との折り合いが必要!



・ディーラーやカー用品店で貼ってもらう


気泡も入らず、綺麗な仕上がりにしたい!
そうなると、お店でやってもらうのがおすすめです。


施工料金は3万〜5万円ほど!(某有名カー用品店で調べました)


自分で貼るより20倍以上するとは...。


また、いかにプロがやったといえど、シートなのでしばらくするうちに剥がれてくる場合もあるみたいで、慎重に選んだ方が良さそうです。


以上、感想でした。

夏の強烈な紫外線を乗り切りましょう✨


↓ランキング参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

参加テーマ:今週のお題「暑すぎる」